インプラントの方法を調べてどちらが合っているか知ろう

材料選びも重要

インプラントは歯が失われた人にとって大変重要なものです。しっかりとした歯を手に入れたいなら手術法をはじめ材料選びが重要になってきます。素材は料金にも大きく関わってくるものなので注意しましょう。

インプラントに使われている素材

  • 純チタン
  • チタン合金
  • チタンニッケル合金
  • ハイドロキシアパタイト
  • ジルコニア
  • 人工サファイア

インプラントの方法を調べてどちらが合っているか知ろう

女の人

合う方法がある

金沢でもインプラントを施術してくれる医院はとても多いですが、すべての人ができるわけではありません。しかし、やり方さえ変えればできることもありますので、インプラントで行なわれる手術の種類について調べるべきです。

インプラント

一回法が可能な人

インプラントは通常二回に分けて施術されることが多く、これが二回法といわれています。一回でできる条件としては、ワンピースタイプのインプラントを使うことです。一回法を行なう際に重要なのが、感染のリスクを理解することです。免疫の面でリスクがある人や特殊なケースの場合は推奨できません。

歯型

二回法の手順を考える

手術は二回するよりも一回の方が身体と費用に負担もないのですが、やはり二回法の方に感染の確率が少ないというメリットがあります。この理由は、一回目の手術が終えてからしばらく歯肉の治癒期間をもつので、歯肉の状態がしっかりおちついた後に手術ができるからです。二回目の手術の際にはインプラントは歯肉に埋まっている状態ですが、アバットメントを装着する前に露出させます。

技術の向上

近年では感染率は一回目と二回目ではあまり変わらないという報告も出ています。どちらでも安全にインプラントを装着することができるので、自分の身体にはどんな手術が合っているのかを医師に気軽に尋ねてみましょう。

広告募集中